フランチャイズを利用して独立することの是非


フランチャイズの基礎知識

フランチャイズという名称は略式で正確にはフランチャイズシステムです。これは独立する際の形式のことですが、本部に加盟してお店を営業するやり方です。一番わかりやすい例はコンビニエンスストがですが、街中で見かけるコンビニエンスストアはほぼすべてがフランチャイズで運営されています。具体的には、本部が経営ノウハウを提供する代わりに加盟店は毎月ロイヤリティを支払う義務を負います。

加盟店にとってのフランチャイズのメリットはスキルや知識がなくとも独立ができることです。再度コンビニを例えで紹介しますと、コンビニエンスストアを経営するのは簡単ではありません。売上げを作るにはお客様が満足する品ぞろえやサービスを提供する必要がありますが、未経験の人がそれらを行うことは不可能です。しかし、本部がアドバイスやサポートをすることでそれらを可能にするのがフランチャイズのメリットです。

フランチャイズを上手に活用して成功する方法

フランチャイズに加盟する際に注意をしなければいけないのは本部をどのように選ぶかです。業界には多くのフランチャイズ本部がありますが、すべての本部が優良とは限りません。中には「経営ノウハウなどない」本部が存在するのも事実です。ですから、加盟をする際は優良な本部を選ぶ目を持っていることが重要です。

優良な本部の選び方としては、例えば開業後の予想売上げなどを質問するのも一つの方法です。ただし、その数字の信ぴょう性については自分で確認することが大切です。今の時代はネットで調べることができますので、調べることは難しくありません。このような質問をすることで本部の加盟店に対する姿勢を知ることができます。

フランチャイズ募集は、ファミレスや学習塾、コンビニなど様々な業種を選択でき、自営業のノウハウがない人でも、開店に向けて本部からサポートを受けることができます。