金属加工に欠かせない化学洗浄処理酸洗いとエッチングとは


良く分かる酸洗い処理!

酸洗い処理とは、その作業に精通していない限り意味の分かる人は殆どいないでしょう。酸洗い処理とは酸を使って金属を洗浄する事です。これを化学洗浄処理とも言います。酸性容器に金属製品を漬けて、表面に付着している様々な酸化物を洗浄して除去する事です。主に硫酸や塩酸等を使って酸洗い処理をします。酸洗い処理の目的は金属製品に熱処理が施されると、スケールと呼ばれる酸化被膜が発生します。酸洗い処理はスケールや錆等を取り除く工程の事です。金属加工の製品に酸洗い処理は欠かせません。メッキ加工をする時も酸洗い処理を行わないと、スケールや錆によって密着不良の原因になります。チタンでも同様の事が言えます。

酸洗い処理の目的は作業を簡素化する事にあります。加工する金属製品の最終的な目的は、研磨作業の手間を省いて製品の光沢を出す事です。くどくなりますが酸洗い処理とはその為の前処理なのです。この前処理は蒸着工程やメッキの下地処理としても行われます。そして加工した金属製品をこの前処理後に水洗浄を行い完成させる場合もあります。

酸洗い処理3つの分類

酸洗い処理の方法は3つに分類される事もあります。酸洗いはまず酸液に漬けて熱処理をする事です。それにより酸化が生じた金属の表面を化学洗浄処理する方法の事です。酸浸漬はアルカリ被膜や酸化被膜を除去する方法の事で金属表面を活性化します。エッチングとは常温加工での冷間圧延等により変質層を除去する方法の事です。

金属製品の汚れを分解して洗浄する酸洗いは強酸性の薬品を扱うので安全管理が不可欠です。また、酸性の薬剤は汚れに反応して有害な蒸気を出すので、作業場の換気を入念に行う必要があります。