いくらになる?時計の価値を高める3つのポイント


付属品をまとめておく

時計を購入した際、保証書や外箱も一緒に付属しているはずです。その付属品は買取に一緒に出すことで、査定額アップに繋がります。時計はコレクション品としての側面も強いので、本体だけでなく完品で用意することが大切です。保管している中で一部欠品もあるかもしれませんが、その場合も所有しているだけの付属品を集めて買取に出しましょう。

時計買取専門店に買取に出す

時計やブランド品専門の買取店に持ち込むことで、正しく査定してもらうことも大切です。適当に買取店を選んでしまうと、納得のいかない金額で売りに出さなければならなくなります。今は宅配買取でも専門店へ買取に出せるので、近くに買取専門店がなくても気になる専門店を選ぶことができます。また、直近の買取査定額を出していればさらに安心できます。査定に自信のある証拠でもあるので、一度持ち込むだけの価値があるはずです。できれば、いくつかの買取店に持ち込むことでさらに査定額アップが見込めます。

時計は綺麗にしておく

時計の状態も査定額に影響します。文字盤もベルト部分も、汚れがあるとそれを理由にマイナス査定される可能性があるのです。注意点としては、清潔にしようとして逆に傷を付けないことです。ちょっとした傷でもブランド時計に限っては目立つ傷になりかねません。もしも上手に綺麗にする自信がなく、下手に触ると却って傷つけそうな場合、あえてそのままにして買取に出すのも一つの選択肢です。どちらが良いかはその場その場で判断しましょう。

時計の買取は時計買取の専門店に依頼するのがよいですが、できれば10社ぐらいの査定額を比較しましょう。それが無理な場合は一括査定会社を利用すると、業者間に競争心が出て高めの査定額がつくことがあります。