CADを会社に導入するとどんないいことがあるの?


CAD導入によって書類整理が効率化

自社の作業を効率化できるとして高く評価されているCADですが、実際に導入するメリットとはいったいなんでしょうか。企業によってメリットは様々ですが、手書きの書類をコンピューターに置き換えることによって、解読作業が必要なくなることです。個人の筆跡には癖があるため、人によっては解読が必要となることも珍しくありません。担当者が休日の時に手書きの書類を見て状況を確認しなければならないのは、非効率的です。

CADではこれらのトラブルを解消し、納得出来る形で書類を多くの人が読めるようにすることがポイントといえます。また、書類を具現化し、実際に製作したらどうなるのかを視覚的に訴求できるのもポイントといえるでしょう。

3Dタイプの実力とどちらがいいのか

使える人がいるかどうかによって異なりますが、3Dタイプであれば立体的なアイテムの体積や表面積を計算しやすくなるため、自社の製造工程を効率化できるでしょう。また、複雑な紙の状態を立体化させることもできるといいます。自社で試作品を製作する前に、パソコン上で情報を確認できることから、利便性が高いのが特徴です。

工業や建築業だけで使用されると思われがちですが、自動車業界やファッション業界でも積極的に使われています。多くの人を効率化して働けるようになるための選択肢として、CADが存在するといえるでしょう。コストを抑えて作業を効率化できるシステムとして活用しやすいですが、製造工程がある意味自動車業界だけではなく、自動車を生かす仕事になると思っています。

水道CADとは、上下水道の配管図面や申請書をパソコンで作成する技術です。専用のソフトが用いられ、手書きよりも作業効率が格段にアップします。