お酒の買取ってできるの!?その方法について


家で持て余しているお酒はありませんか?

よくいただき物の高価なお酒など、家の中でずっと眠っていることってありますよね?そういったお酒は家では飲まないけど、捨てるのももったいないです。結局ご近所の方にあげるか、お酒好きな人にあげたりすることがほとんどです。

ですが、実はお酒って買い取ってもらえること、皆さんは知っていましたか?もし買い取ってもらえるなら、その方が絶対お得ですよね。ここではお酒の買取について探っていきたいと思います。

お酒を売る方法について

実はお酒を売るにしてもいろいろな方法があります。フリマアプリやネットオークション、お酒の買取専門業者へ売るなどの方法です。でもいざお酒を売ろうと思った時に、どの方法がいいのか悩みますよね。

フリマアプリやネットオークションは、言ってみれば個人対個人の取引です。値段設定や買い手とのやり取り、発送まで全部自分で行います。思ったより手間と労力がかかりますし、相手とトラブルが起こる危険性もあります。その点、お酒の買取専門業者であれば、宅配買取のサービスを利用してお酒を売ることができるので非常に便利です。手間も労力もかかりませんし、何よりトラブルの心配がありません。ただし業者によっては査定金額が大きく違うことがあるので、そこが難点です。よく調べてから買取を頼む業者を選ぶのがよろしいでしょう。

どんなお酒なら買い取ってもらえるの?

まずお酒の買取の前提として挙げられるのは「封を切っていないお酒」です。どんなに高価なお酒でも飲みかけのお酒は絶対に売れません。また安価な缶酎ハイや缶ビールはあまり買取の対象にはなりません。ワインやシャンパン、ウイスキー、ブランデーなどは意外に高値で買い取ってもらえることがあります。日本酒や焼酎なども買取の対象です。

お酒の買取とは、贈り物で頂いたお酒や、飲もうと思って買ったものの結局飲まず未開封のワインやブランデーなどを専門の業者さんが買取ってくれる事です。