スマホが故障した!?修理に出す前にやっておくこと


重要なデータのバックアップ

スマホを修理に出した場合には、故障の症状や修理方法にもよりますが、端末を初期化されてしまうことが多いです。主に修理する際にデータが流出することを防止する目的や、修理後に動作確認を行うなどの目的で初期化されます。修理に出した時点で、端末の初期化に同意したとみなされる場合もあるので、事前のバックアップは必須です。

データのバックアップには、クラウドサービスを利用してデータをバックアップしたり、パソコンとスマホを接続してバックアップする方法などがあります。特にクラウドを利用してバックアップする方法であれば、安定したインターネット接続が必要になりますが、修理が終わってから簡単にデータを復元できるので便利です。

IDとパスワードのメモも必要

SNSなどのサーバー側にデータが保存されているタイプのアプリは、修理から帰ってきたスマホでログインするだけで、アカウントが復旧できるのでバックアップは不要です。しかしログインに必要になるIDやパスワードなどを忘れてしまうと、ログインができずアカウントも復旧できません。パスワードの変更などで対応する方法もありますが、手続きが面倒になり確実に復旧できる保証もありません。パスワードの自動入力機能などについても、全て端末側に保存されているので、端末のストレージが初期化されると自動入力が使用できなくなります。アカウントでのログインが必要なアプリなどは、修理に出す前にIDやパスワードをメモしておくと安心です。

携帯の機種は年々増加しており、各社メーカーを合わせると膨大な数になります。Xperiaの修理は携帯に詳しい方の場合、自分で解決可能です。