手描きの難点を解消!CADを使って早く正確な図面をつくる


汎用から特化したものまで、CADもさまざま

CAD(キャド)は「ComputerAidedDesign」の略で「コンピュータによる設計支援」を意味します。汎用(はんよう)と呼ばれる一般的な機能を備えたもののほか、建築や設備など特定の分野に特化した機能を持つものなどさまざまな種類があります。

以前は難儀なものでした

以前、製図は手描きでおこなわれていました。手描きゆえ、ちょっとした修正は比較的簡単にできましたが、うまくないこともいくつかありました。まず、均一な線を引いたり、文字を記入したりするには熟練の技が必要なこと。修正するときはまず線や文字を消しますが、その消す手間も想像より大変だったようです。修正を繰り返すうちに紙が破れるなどのトラブルもありました。なにより手描きは時間がかかる作業でした。

作業に手を貸してくれます

CADを使うと、早く正確な図面を作成できるようになります。線を描くコマンドを知っていれば、誰でも均一な太さの線を描くことができます。文字や線を修正するときの消す手間も、手描きに比べて圧倒的に簡単です。作成した図面をデータとして保管できることもメリットでしょう。場所をとりませんし、修正前後両方のデータを持っておくなども簡単です。CADを利用すれば、図面の作成や保管などでさまざまなメリットを得られ、効率的に製図できるようになります。

これからを考えて検討しておきたいこと

近年、業界では3DのCADの必要性が高まってきているように見受けられます。このさき顧客や関係先から3Dでの製図を求められることも増えるかもしれません。そのときは3DCADのソフトとスキルが必要になるでしょう。CADの導入を考えるときは、業界の動向と将来性を踏まえて「3DCADの導入の必要性」についても検討するのが良いと思われます。

電気CADは、電気工事の図面や見積り作成などが出来るソフトで、図面・自動集計・見積書などを自動作成する事が出来ます。