工事のときの挨拶はどうする?ご近所トラブルを防ごう


丁寧な挨拶で好感を持ってもらおう

最近はリフォームやリノベーション、外壁塗装といったような様々な工事をするのが当たり前になりつつあります。作業中には騒音も出ますし、塵や埃などの粉塵も舞うので、ご近所の方々に迷惑をかけることのないようにしたいものです。事前に挨拶をして回ることで、工事内容や日程を伝えることもできますので、面倒がらずに準備を進めましょう。昔から「向こう三軒両隣」と言いますが、自宅の両隣2軒、そして向かいの3軒、最後に裏の3軒で合計8軒のところには工事の挨拶をすることになります。工事をする機会も増えているので、業者側で挨拶文などを作って挨拶をしてくれる所も増えていますから、業者とも話し合いをして丁寧に挨拶をしておきましょう。

挨拶の時に注意したいこと

自分が工事等で挨拶を受けることをイメージすると分かりやすいですが、挨拶で工事内容や工期を伝えるだけでなく、ちょっとした粗品を用意して手渡すこともあります。施工業者側でタオルを用意しているならそれだけでも良いですし、金額的には500~1000円程度でお菓子や他の日常雑貨類を一緒に添えておくと印象も良くなります。もちろん添えておけばよいというのではなくて、「工事をするので期間中迷惑をかけるけれどもよろしくお願いします」とはっきりと伝えられるようにしておくのもポイントです。簡単なようでいて挨拶をする機会もなく大変に思ってしまいますが、簡単でも思いを込めてご近所の方の顔を見て挨拶を頑張ればしっかりと気持ちは伝わります。

建機の購入を検討しているなら、オークションがお得です。中古の建機のオークションならば、格安の値段で購入できますし、品ぞろえが豊富です。